お子様・未成年の方はご入店いただけません - キャッチコピーなど
当店はとてもコンパクトな店で、また夫婦二人で経営しているということもありお客様に親近感を持っていただき、お客様が少ない時など特に常連様とはついついお話が弾み比較的長時間お話させていただく場合もございました。

しかしながらこのコロナ渦で私達自身が、楽しみながらも「いいのだろうか」とマスクをしてはいても罪悪感や違和感を覚えていたこと

また店にはお客様がいらっしゃらなくても仕事は様々あり、そういったものが後回しになってしまうことも営業において多少なりとも支障をきたしてしまうということもございます。

御多分にもれず、当店も今かつてないほどの非常に厳しい状況に直面しております。

そこで改めて今後の経営に関して熟考を重ね、さらなる経営努力や改変をしなければならないとの考えに至りました。

その一つに「接待を伴う飲食店」ではなく「おいしいお料理をお酒とともに味わっていただく居酒屋」「料理でお客様に愛されるお店」を目指すという原点に帰り今後も維持発展させていくため、必要なことに集中させていただくために接客の仕方を見直させていただくことといたしました。

今後は、時間帯や混雑の有無にかかわらず私共はお客様との会話を

お客様に気持ちよくお過ごしいただくための必要最低限+αとし、長時間のお話は控えさせていただくことといたします。

長年通ってくださっているご年配のご夫婦や、また、お一人でご来店されるお客様など、そういった交流を楽しみにしてくださっているお客様もいらっしゃるだろうと申し訳ない思いがある反面、今後はさらにそのような店の対応を望まれる

eave m(us)lone.
(お構いなく/放っておいてください)

お客様も多くいらっしゃるのではと、これからの時代、当店としては正しい接客の仕方なのではという考えに至りました。

何卒皆様のご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。