お子様・未成年の方はご入店いただけません - キャッチコピーなど
紀伊国屋さんの袋をかかえて









































夜は・・・
正確に言うと今朝は、ですが

帰宅後、録画しておいたニュースや皇室関連の番組を見ていたらいつの間にか朝になってしまい6時に就寝しました。昼営業日だというのに、やはりいろいろと感慨深く、見入ってしまい、しくじりました・・・

平成という時代はほぼ、成人としての30年間だったのですが、今ちょうど50歳なので区切りがいいこともあり
さあ、令和の時代をどう生きるか
いくつか自分の中で思うことがあります。

平成元年から2年にかけての1年間はアメリカでホームステイをしていたので、日本の出来事はほとんど知りませんでした。

国際電話の料金がすごく高かった時代で、のちに伴侶となるマスターとは、確か1回7000円位かかっていたと思います。

ほぼ毎回、実家暮らしだったマスターからかけてくれたので、家計を管理する義母は複雑だったようです
(>v<:)

そのようなわけで電話もあまり頻繁にはできないため
情報源といえばもっぱら
サンフランシスコにあるジャパンタウンの紀伊國屋に1~2か月遅れで入荷する週刊誌や月刊誌でした。

数週間に1度、30ドル程度の予算を決めてダウンタウンへ出かけるのも、その頃の楽しみの一つでした。

まずは日本食レストランへ行き、10ドル程でお寿司などの和食をゆっくり堪能した後、紀伊國屋で日本にいる時から愛読していた月刊誌の「SAY」「sign」他、雑誌を数冊買って帰ります。

そして夜、子供たちが寝静まってから一人でゆっくりページをめくるのが至福のひとときでした。

そんなある日、週刊誌に当時の礼宮様のご婚約についての記事が。


「へー、お相手はのりこさんっていうんだー」


また別の機会には、新政権の記事が・・・


「へー、新しい総理はうみべさんっていうんだー」


・・・・・・・・・。

その節は失礼いたしました。どうも根が素直なもので
(>v<:))


いろいろな出来事のあった平成も終わりを告げ、今日から令和。

いろいろなことがある変わらない日常ではあると思いますが、少しだけ襟を正して生活してみようと思います。



















旅先のニューヨークにて。

ケネディ空港で一人旅の日本人女性に声を掛けられ、その後3日間行動を共にすることに・・・不思議なご縁でした。