買い物かご
買い物かごは空です
数量:
小計
消費税
送料
合計金額
PayPalでのお支払いを完了できませんでしたこちらをクリックしてもう一度お試しください
ご注文を承りましたご注文いただき、誠にありがとうございます。後ほどPayPalからお支払い完了のお知らせが届きますのでご確認ください。買い物かごを閉じる

定休日 日・月

令和4年 明けましておめでとうございます


昨年も前年に引き続きコロナ関連の影響も大きく

お客様には時短営業や休業によりご迷惑をおかけしましたことを

まずは改めてお詫び申し上げます。

誠に申し訳ございませんでした。

そして、そのような状況の中でも変わらずにご来店、また温かい励ましや応援、ご心配くださった皆様に心より御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

今年最初の営業日はお陰様で満員御礼、幸先の良いスタートを切ることができました。

美味しい料理やお酒と共にのんびりする時間、気の合う人との語らいで心身の疲れを癒し明日への活力を養える、そんな居酒屋を必要としている方もたくさんいらっしゃる。


さまざまな制約の中にあって改めてその思いを強くした一年でもありました。

まだまだ気を緩めるわけには参りませんが、引き続きできる限りの対策を講じた上で、お客様に少しでも安心して楽しいひとときをお過ごしいただけるよう

今年も精一杯努めて参りたいと思っております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

令和4年 1月9日

美味いもん処 とーたす

尚、今後営業時間、人数制限等、政府や自治体からの要請があった場合は当ホームページにてお知らせいたします。

何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。



サプライズ

今日、実家の玄関で高校生の甥っ子と鉢合わせました。


私の姿を見るやいなや甥はすかさず2階へ駆け上がり、またすぐに降りてきました。


そしておもむろに何かを手渡します。


「??」

と思い「何?(*^。^*)」と聞きながら袋を開けてみると、星の砂の入った小瓶です。


星の砂

なぜか中学生位の頃を思い出します。

懐かしいな--。


そう思ってよくよく見ると・・・


何ということでしょう!


上の方に2匹のかわいい亀がいるではありませんか。

(ジーン(;_;)


思春期男子、ともすれば親戚のおばさんなんか鬱陶しく塩対応されてもおかしくない年頃なのに。


そう言えば思い出しました。


とーたす=陸ガメだと知ってか知らずか、彼は小さい時から亀のグッズを時々お土産などで買ってきてくれて、今でも店に飾ってあります。


聞けば今回は修学旅行のお土産とのこと。


友達との楽しい買い物中に店のことを思い出してわざわざ買ってきてくれたんだね。


そう思ったらウルときてしまい

日々諸々の些事に追われ余裕をなくしがちな心が温かい気持ちでいっぱいになりました。


ありがとう。

おばちゃん頑張ります(*‘∀‘)~~~


誕生日

10月30日。


今日は美味いもん処とーたすの15歳の誕生日です。


特にこの2年ほどはいろいろなことがありましたが、お陰様で16年目のスタートを切ることができました。


これもひとえにこれまでご来店くださった

また日頃足を運んでくださるすべてのお客様のおかげです。


この場をお借りして、改めて厚く御礼申し上げます。


自分の店を持ち、日々意欲的・主体的・能動的に働けることへの喜びや感謝とともに多くの失敗や後悔、反省を重ね、試行錯誤を繰り返す中で


様々な経験をさせていただきながら何とか今日まで営業を続けてくることができました。


私共の未熟さ、傲慢さ、至らなさによって失ってしまったお客様にはもう二度とご来店いただけないかも知れません。


まさに不徳の致すところでありその不甲斐ない思いを決して忘れることなく16歳、17歳、そして3年後には晴れて当店も18歳の成人ならぬ成店??をご報告できますよう精進していきたいと思っております。


今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


令和3年10月30日

美味いもん処 とーたす




ブログ

上司 part2

投稿日: 2019 9月 10、1:26 午前


ある日、いつものように教習所に行くと教官から

「あなたの上司という人から電話があって、私の態度についてご指摘を受けました。脅しのような言い方もされました」と知らされたのです。

淡々とした口調の中に、明らかにいまいましく思っているのが伝わってきます。


「嫌なら辞めてもらって結構ですよ。私だって好きであなたを担当しているんじゃない」

立場上言えないにしても、それが本音だったのではないでしょうか。

この後教習を受けるのです。
私はバツの悪さと申し訳なさで言い訳もできませんでした。

それにしても、まさか教習所に電話までするなんて。
課長に対してとても腹が立ちました


この時点では完全に「上司」ということを忘れています。
まだまだ考え方も自分中心の未熟者でした。

さて。
翌日も怒りが収まらない私。

出社するなり3つ年上のお嬢様というのも家がかなりのお金持ちらしく、実は会社にも結婚前に社会経験をということで入ったという噂でした。

まだあか抜けない私と違ってメイクや着ている服、身に着けている物もなんとなく高級そうで大人っぽい。

電話しながらすらすら~っと書くメモは英語。

退社時には「ごきげんよう。」

会話の端々に「靴はオーダーメイドで」とか
「ゆうべは父とパーティーに行って」とか・・・

そうそう
「食後にデザートは欠かさない」

と聞いた時には、毎日フルコースのようなご飯なのかと

勝手に英国のアフタヌーンティー級のデザートを想像する私に

「デザートと言っても、まあフルーツとか・・・ね」
クスッ



お嬢様は食後のみかんをデザートと言うんだ、やっぱり違うな。と感心したのを覚えています。



前置きが長くなりましたが私はゆきさんを見るなり

「聞いてください!!課長が・・・」と一部始終をぶ・・・打ち明けたのです


「私の立場も考えて欲しい。余計に教習所に行きづらくなったじゃないですか。もう口もききたくない」と。


誰かの悪口や文句を言う時、その本人に伝えて欲しいなんて思ってません。むしろ逆。

気まずくなって仕事がし辛くなったり、和が乱れたり。

余計面倒なことになるのは嫌だから面と向かっては言えないし、言いたくもない・・・

でもやっぱりこの理不尽さを分かってもらいたい。
ただ聞いてくれて共感してくれればとりあえず気は済むから。


なのに、頼まれてもいないのに勝手に相手に伝えてしまうのは、私のために良かれと思ってだとしても許せないですっ!!




黙って私の話を聞いていたゆきさんでしたが・・・







次回に続く。







カテゴリー: なし

コメントを投稿する

Oops!

Oops, you forgot something.

Oops!

The words you entered did not match the given text. Please try again.

270 コメント