お子様・未成年の方はご入店いただけません - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

上司 part2
送迎バスに揺られて
上司
キャンペーンのお知らせ
3つの精神性
検索エンジンの供給元:

マイブログ

アンケートの結果(お通し)について



店をオープンするにあたり、マスターと飲み歩いたことは
すでにお伝えいたしました。

その経験から考えたことの一つが、お通しに関してでした。

特に都内のお店ではお通し300円、お席料300円というところもあったと思います。

友人や同僚と行くならば、とりあえず自分の分(一人分)で済みますが

夫婦となるとお財布は一緒ですから、それらだけで1200円。

一日に最低3~4ヶ所は行っていましたから結構な金額になります。

生ビールがもう1杯づつ飲めるじゃないか(>v<:)!


これは・・・・ナシでいこう!!


二人はひとつに


(気持ちが、ですょ♪)


とは言っても、私たちがお通しのあるお店を避けたり
お通しは結構ですと言ったりしたことは1度もありません。

理由としましては

まず何よりも、ドリンクと一緒に、とりあえずすぐにつまめるものが出てくるのは有り難いこと。

お店側としても、この理由でお通しを出しているところはかなり
多いと思います。

お店の「少しお待たせしますので、こちらを召し上がりながら
お待ちくださいね」という気持ちでもあると思います。


当店で3本の指に入る位のネックは料理が遅いこと。

お通しをお出しできたら心理的にきっと少しは楽になります
(^^:)

また、お通しをいただけば、そのお店ならではの味付けとか
こだわりなどがある程度わかります。

マスターなんて同業者としてお通しに興味津々なんですよ(^.^)


そのあとに注文する料理の参考にもなったりしそうです。



前述したように、身内で行くとかなり懐が痛い習慣だとも言えますが、飲みに出かける時は

お通しはあるもの、と思って行くようにしています。

お通し云々よりも、せっかくの貴重なそのひとときを
楽しく過ごしたいですものね・・・♥♥♥