お子様・未成年の方はご入店いただけません - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

上司 part2
送迎バスに揺られて
上司
キャンペーンのお知らせ
3つの精神性
検索エンジンの供給元:

マイブログ

こんなこともありました


30年近く前(我ながら、もうそんなに経つのかとびっくり
(>v<))

1年半ほど営業の仕事をしていたことがあります。

いわゆる「外回り」と、今でも言うのでしょうか。

紙の地図と名簿を持ってお宅を訪問し、契約を取ってくる仕事です。

ちなみに、昨年池袋で鍋をつついた友人は皆、その頃の同僚です。当時会社も池袋にありました。


一人、また一人・・・と辞めて行く中で、同じ苦労と青春を分かち合った仲間たちなのです(>v<)



そう言えば、入社1日目に辞めてしまった女の子もいましたっけ。

昼休み「お昼行ってきまぁーす♥」と元気に出て行ったきり

二度と再び彼女が戻ってくることはありませんでした。

全然、今で言うブラックな会社でもなかったと思うんですが
(^v^:)

午前中の研修で「やっぱり(営業は)私にはムリ!」と思ってしまったのかもしれないですね。

確かに、誰にでもできる仕事ではないかも・・・
心身ともにタフじゃないと厳しいかも知れません。

でも、さすがに30年前と今とでは、システムや営業のノウハウも違うのでしょうね。



話はちょっと逸れましたが、ある日の外回り
私は一軒のお宅を探していました。

住所はこの辺なんだけどなあ・・・


そこで、たまたま近くの家から出てきた男性に


「すみません。この辺にサハクさんというお宅はありませんか?」

「サハク?聞いたことないなあ」



なぜか今でも鮮明に覚えているこのシーン。



結局、「佐伯さん」はほんの2~3軒先にあったのですが
表札を見落としていたのと


その男性もきっと


私が佐伯をサハクと読み間違えているとは思わなかったんですね(^^:)

この時初めてサエキという読み方を知りました。

同じ佐伯と書いて「サハクさん」もいらっしゃるそうですが
知らないと読めない苗字ってけっこうありますよね。



そうそう、当店には


「生ハムと10品目(ヒンモク)のシーザーサラダ」というメニューがあるのですが


たまにお客様が「生ハムと10シナメの・・・」とオーダーされます(>v<:)

決して間違いではありません


でもお客様。


一言「シーザーサラダ」とおっしゃっていただければ結構ですよ
(^v^)