お子様・未成年の方はご入店いただけません - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

上司 part2
送迎バスに揺られて
上司
キャンペーンのお知らせ
3つの精神性
検索エンジンの供給元:

マイブログ

心に残る男性 2

改めて振り返ると

実に色々な場所で働きました。

接客業が好きなのでほとんどが飲食店ですが
どこも長くて1年程度(^^:)

同じ環境に長くいるより、色々な場所やものに興味が移ってしまい

新しい扉を開けたくなってしまうんですよねえ・・・

まあ、それを世間では飽きっぽいというのでしょうね(^v^:)

家業とは言とーたすでは12年続いてる・・・
我ながら頑張っています。

マスターとも30年近く続いている。

マスター、すごく頑張っています(°0°)!!


そんななかで、高い時給に釣られて2回ほど

深夜に働いたことがあります。

24時間営業の飲食店だったのですが

だいたい深夜に入るメンバーは決まっていて

女性は基本的に私だけ、あとは3~4人の男性がローテーションで。

全員年下でした。


私が思うに、男子って年上の女性に親切ですよね(^v^)

どこかお母さんを感じさせるのでしょうか。

もっとも、中身が余りにも図々しいお〇〇んになってしまうと
その限りではないでしょうが・・・
(>v<:)

当時は私も20代でしたが、もう50ですからね。
気をつけようっと。


その時も「女の人がこんな夜中に働くなんて、何か事情があるに違いない・・・」

と同情や心配をしてくれたのかもしれませんね(^^:)

別になーんにも事情なんてなく、繰り返しますが高い時給に釣られただけなのですが・・・

さすがに夜中の12時を回り、1時2時になるとお客さんもまばらになり、誰もいなくなることもザラでした。

そのタイミングで交代で1時間休憩を取ります。

あるとき、深夜ということもあるのですが、休憩室の暖房のそばがあったかくてつい、ウトウト・・・

いえ、ウトウトどころか結果的に2時間くらいがっつり寝てしまったのです。

起きたら休憩時間が大幅に過ぎていて、慌ててホールに戻り

「ごめんね!!(><:)起こしてくれればよかったのに(汗)」と

そのバイトリーダー格の彼に謝りました。

すると

「いいんじゃない?お客さんもいないし・・・( ̄ー ̄)ニヤリ」

と、さらっと言ってくれたのです。

もちろん!!!

これ、ダメです。勤務時間中で、時給も発生してます。

雇い主にしてみればとんでもない話です。

でも、その彼は店長や他のメンバーからの信頼も厚く
仕事ができる上、自分は絶対に手抜きをしない人なのにもかかわらず、

きっと疲れているんだろうと、時間が過ぎても起こすことなく
寝かせてくれたその人の優しさ(美化し過ぎでしょうか
(>v<:))が
とてもありがたかったのを、申し訳なさとともに今でもはっきりと覚えています。


1歳下だったので、その人も48歳!!

今どうしているのでしょう・・・

会いたいなあ、と思います。

元気でいてくれてるといいな、とも。