お子様・未成年の方はご入店いただけません - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

上司 part2
送迎バスに揺られて
上司
キャンペーンのお知らせ
3つの精神性
検索エンジンの供給元:

マイブログ

I have no recollection.



記憶にございません。


たとえば政治家の方々が本当に記憶にないのかは
私にはわかりませんが

一つ言えることがあります。

それは・・・

お酒で記憶はなくなることもある、ということです。


飲まない方、飲んでも嗜む程度の方、浴びるほど飲んでも記憶をなくしたことなどない


という身内もおりますので、もちろん人や体調にもよるのでしょう。

「本当にお酒で記憶がなくなることなんてあるの?」


と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、私はつい先日もその経験をしてしまいました。


夫と息子、両親と主人の母の6人で居酒屋さんに行ったのですが、そこで泥酔してしまい途中から本当にまったく記憶がないのです。


あとから伝え聞いたところによると、帰りの電車の中や、電車を降りて歩いている時にも、周りの方が振り返るくらい、かなり大きな声で喚(わめ)いていたみたいなんです(><:)


内容は「自分はいいから両親を送ってあげて」といったものだったようで、無意味に喚き散らしていたわけではないと知り
ほんの少しは精神的に救われますが、それでもこれは本当にみっともない・・・恥ずかしい行為です。

記憶(意識)がないからこそ、できる行為とも言えそうです。
言い訳にはなりませんが。


夜の10時過ぎにもかかわらず、80歳近い両親を送れないほど酔っぱらってしまったこと。

大の男二人がかりで私を家に連れて帰るために、母親と義両親/祖父母を送れなかったことも、夫と息子に申し訳ないことをしました。

さすがにベロンベロンの私をその辺に放置するわけにはいきませんものね・・・


(できることなら放置して帰りたかったと思います・・・)


楽しく飲む分には最高のお酒ですが、家族や人様に迷惑をかけるようではダメですね。

この日は知り合いの方のお店で楽しくてついつい杯がすすみ、めっきり弱くなり控えめにしている最近から言えば少し飲み過ぎの11~12杯程度だったようで・・・


とにかく猛省です。


自戒の念を込めて、また、皆さんにも気をつけて楽しく飲んでいただきたくて、恥をしのんで投稿いたしました。