お子様・未成年の方はご入店いただけません - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

上司 part2
送迎バスに揺られて
上司
キャンペーンのお知らせ
3つの精神性
検索エンジンの供給元:

マイブログ

私の場合

先日泥酔して帰ってきたお話をいたしましたが・・・

ごくたまのこととはいえ、知人のお店で飲み過ぎ、家族に抱えられて帰るといった迷惑極まりない失態を演じてしまうこともありますから、本当の意味でお酒に強いわけではないのでしょうが・・・(><:)

それでも毎日何杯位飲むでしょうか。外での飲み会で信頼できる友人と一緒の時は相当飲んでしまいます。それでもまあまあ酔っ払った感じにハイテンションになるか家で寝てしまうか・・・

先日、市の検診で血液検査をしたところ、肝臓に絡む数値は意外と低いほうでした。

今のところ肝臓に関してはさほど問題はないのかな?と少々安心したのですが・・・

素人判断では良くないので、これからも定期的に検診は受けるつもりです。

ところで公益社団法人アルコール健康医学協のホームページによると

例えば、ビール中瓶1本、日本酒1合、焼酎0.6合(グラス1杯程度でしょうか)を飲んだ時の血中アルコール濃度は0.02~0.04%、これを呼気1リットルあたりに換算すると0.1~0.2mgに相当し、この数値に達する、つまりたった1杯飲んで運転するだけでも「酒気帯び運転」の基準値を超えてしまうことになるそうです。

これらの数値には個人差もあるようですが、上記量のお酒類のアルコールが体内から消えるまでには約3時間かかるそうですから

私のように晩酌をする方は特に、翌日の運転、始動予定時間から逆算して安全に楽しくお酒を飲んでいただきたいと思います。