お子様・未成年の方はご入店いただけません - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

明けましておめでとうございます
上司 p a r t 3
上司 part2
送迎バスに揺られて
上司
検索エンジンの供給元:

マイブログ

明けましておめでとうございます

昨年もたくさんのお客様にご利用・ご来店いただきまして
ありがとうございました。

お店はお客様あってこそ。

心より感謝しております。


本日はとーたすオープン以来、初めて三が日のうちからの営業です。

昨年、同じくオープン以来初めて定休日を連休に改訂させていただきましたので、年始いつも通り休むと曜日の関係で7日からの営業となり、「ちょっと休み過ぎかな・・・?金・土だから需要もあるかもしれない」と
お店を開けることになりました。

何日休んでも結局
「あ~、明日から仕事かあー・・・」は多分変わらないので(>v<:)

今日からまた1年間無事に営業できたらと思っています。

昨年末、当店での忘年会の際、その企業の管理職の方がご挨拶で

「仕事に行く時に「あー仕事だ、嫌だなあ」と思うようではダメだ。「さあ、これから仕事だ。よし、頑張るぞ」と思えるような自分、そして職場であるべきだ」というお話をなさっていました。

個人の心構えや資質の問題だけにせず、職場自体がそういう場所でなければいけない、と

職場環境の大切さも含めておっしゃったことに感銘を受けました。

さらに、今日たまたま出勤準備をしながら聞いていた箱根駅伝の中継で

ある選手の「監督は普段あまり褒めないのに褒めてくれた。結果を出せない時も自分に声をかけてくれた。それがすごく嬉しかった」という話が紹介されていて

人間の持つ、誰かのためにという気持ちのパワーって
やっぱりすごいなと思いました。

自分だけのためだったらとっくに諦めたり投げ出しているかもしれないことも

自分を信じてくれている人、見守ってくれている人の顔を思い浮かべて、頑張ろうと思う。

現実社会では結果だけが全てではないとは言えないところもあるけれど・・・

真にその人の成長や幸せを願う心は人を動かすんだなあ・・・


1年の終わりと始まりに実にいいお話を聞きました。



一昨年はマスターがインフルエンザにかかり休業してしまったため、昨年は大事をとって二人共マスク着用で店に立たせていただきました。

いま、接客業・サービス業を中心にマスク着用の可否がちょっとした問題になっているみたいですね。

「体調不良と思われてしまう」「声が聞き取れない」といった理由から不可という職場もあるようです。うーん、確かに・・・。

事情も様々だと思うので難しいと思いますが
うちのような調理・接客の仕事ですと、1度マスクを着けるとなんとなく着けない方が違和感を感じるようになってきました。


お客様だけでなく、従業員にも自分や家族の健康を守る権利はあるといった声をSNSで見ましたが、私もその意見には賛成です。

どちらにしても、基本的なうがい・手洗いをしっかりとしてお互い予防にも努めたいですね。


今年もお客様においしく楽しいひと時をご提供できますようマスター共々頑張っていきたいと思います。


どうぞよろしくお願いいたします。