お子様・未成年の方はご入店いただけません - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

当店のご利用に関しまして
現在の状況等に関しまして
営業再開に関しまして
営業自粛のお知らせ
4月11日現在の状況とお持ち帰り商品のお知らせ
検索エンジンの供給元:

マイブログ

当店のご利用に関しまして



日頃よりお客様にはご理解、ご協力をいただき
誠にありがとうございます。

また、誠に勝手ではありますが

たとえば全席喫煙、未成年のお子様はご来店いただけないこと

香水などをお使いでのご入店もご遠慮いただいております。

それにより、当店へのご来店動機、機会が全くなくなってしまったお客様もいらっしゃるだろうと承知しております。

以前はお子様をお連れのお客様もたくさんいらっしゃいましたし

「タバコが苦手だから来たいけど来られない」とおっしゃるお客様も少なからずいらっしゃいました。

この点に関しては本当に申し訳なく、心苦しく思っております。

当店のような個人経営の小さな居酒屋で、このような決まりを作ることへの否定的なご意見、「香水はダメでタバコのにおいや煙はいいのか」というご意見は当然あるだろうと思います。

すべてのお客様のご要望をお受けすることは難しく、だからこそ

当店独自の経営理念を明確にし、お客様がお店を選択なさる上で必要な情報として

それに沿った店のスタイルやスタンスをお客様にお示しし、ご理解いただく必要があると思っております。

香水等に関しては、今は香りの強めな衣類の柔軟剤などもあること、

そして何より、本来はお客様個人の自由であるという大前提のもと

少なくとも当店をご利用のお客様に限っては
ご遠慮いただきたいという店側からのお願いですので

お声がけするにも十分な配慮が必要であると思っています。

先日、お客様がお帰りの際に私も店外に出て、店の階段に掲示させていただいている「香水はご遠慮ください」とのご案内をお見せし
「申し訳ございませんが・・・」とお伝えさせていただきました。

また、お会計から40分以上経過している時点で
お一人は通話を、お一人は携帯電話を操作していらっしゃったお客様にご退店をお願いしたところ

「水商売で客に退店しろなんて絶対に言うもんじゃない。」

「自分はもっと長く水商売をしている。こんな店は二度と来ない。みんなにも言う」と私におっしゃいました。

通常、お会計からある程度のお時間(10分程度)を経過しましたら、申し訳ございませんが・・・とご退店のお願いをしております。

たとえ他にお席が空いていても、次のご来店の準備もありますし、新規のお客様が「混んでいる」「席がない」と思って帰られてしまうケースも少なくないためです。

この時は、他にお席が1~2席空いていたこと、またお連れ様が「もう帰りますので」とおっしゃっていたため、お待ちしておりました。



私共も、せっかくご来店くださったお客様にもの申すことはできることなら控えたいと思っています。



こちらのお客様がどのような形態のお仕事をなさっているかはわかりません。

ご自身のお店やよく利用されるお店などはそのような営業の仕方をなさっているのかもしれません。


お客様、特に今、このコロナ禍においてご来店くださるお客様は本当にありがたいです。

しかし、水(客)商売だからといって
「どんなお客様に対しても、退店を促すことはすべきでない」とまでは私共は思いません。

原則といたしまして、お会計がお済みのお客様にはご退店をお願いいたします。


たとえグラスにお飲み物が残っていたとしても、ある程度のお時間が経過しましたら、お声をかけさせていただきます。

改めて、ご来店くださるお客様にはご理解とご協力をお願いいたします。


今回このようにお客様にお伝えさせていただきましたが

日頃の言動や考え方、接客の仕方など、私共にも反省・改善すべきところがたくさんあると改めて思いました。

お陰様で来月にはオープン15周年を迎えます。

今一度しっかりと初心に帰って、お客様をお迎えいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。